行かずに死ねるか!

ここの所ブログの更新が滞っていたので、たまには自分が読んだ本について書いてみることにする。
今回紹介するのは、この本。

行かずに死ねるか-―世界9万5000km自転車ひとり旅-幻冬舎文庫-石田ゆうすけ

買ったのは去年セブ留学が終わって、バンコクに滞在中にビエンチャンに向かう飛行機に乗っている間の暇つぶしに何かいい本ないかと思ってバンコクの紀伊国屋に行って、その時に「世界95000km自転車ひとり旅」というインパクトの強さと著者の名前が自分と同じゆうすけだったこともあって、手に取って買ってみた。
あまりネタバレになりすぎない程度に感想とかを書いてみようと思うが、実際読んでみると想像以上に濃い内容の旅だというのが第一に感じた。笑いあり、サバイバルあり、出会いあり、アクシデントあり、世界各地の美しい風景あり、そして中には悲しい出来事もあり、7年半95000キロが濃密に凝縮されているという印象。
著者の文章力がまた素晴らしく、読んでいて世界各地のいろいろな場所の風景が思い浮かんでくるようだった。ティカル神殿、マチュピチュ、エジプトのピラミッド、・・・自転車ではなくても出てくる場所に行ってみたいと思わせるものがあった。
自分も学生時代はたまに自転車で小旅行をしたことがあったけど、一番遠くに行った時でも5日間かけて京都に行ったのが最長で、しかも5日間自転車をこいだだけで足がいっぱいいっぱいでこれ以上は無理と思って帰りは折り畳み自転車を新幹線に乗せて帰ったというものだった。そう思うと95000キロの自転車の旅なんて想像もつかないのが正直なところ。それでも、学生時代のいい思い出の一つであるのは確か。さすがに世界一周は無理だけど、いつか時間があるときに1泊2日くらいの自転車旅行をしてみたいと少し思ったり。
後は一番痛感させられるのは、著者が最後の方に書いていた「生きて帰るときことはとても大きな意味がある」という事だ。人生いろいろな経験をするのは大事なことだけど、何をするにしても命あっての経験だ、と思う。

5/2-6 GW旅行(伊勢神宮、熊野古道、大阪)後編

旅行からもう2か月近くたってしまったけど、GW旅行3部作最終回。
那智大滝を見てから、バスで那智勝浦に戻り、そこから電車で田辺市まで戻る。
田辺市駅の近くに世界遺産の構成要素である闘鶏神社があるということで、ゲストハウスに戻る前に取りあえず寄っていくことにする。


闘鶏神社

何でも、源平合戦の頃湛増という人が紅白の鶏を戦わせて白の鶏が勝ったということで源氏の味方をすることにしたという逸話があるそうで。
その後食事をしてゲストハウスに戻る。ゲストハウスの1階はちょっとした居酒屋みたいな感じになっていて、そこで飲んでいてゲストハウスの人と別のお客さんと3人で旅の事を話したりする。もう一人のお客さんは日本各地のいろいろなところにある坂道や階段の写真を撮っていて今回こちらに来ていたそうで。

翌5日。起きてすぐチェックアウトし、特急電車などを乗り継いでエスパルスVSガンバの試合を見るために吹田まで向かう。万博記念公園駅の前の山田駅から万博記念公園に向かう電車に乗ろうとするが、券売機が混んでいたのでタクシーに乗ることにする。
しかしこれが裏目に出て、道がかなり混んでいる。そこで途中で降りて2kmくらい歩いて吹田スタジアムに向かう。かなり疲れた。

吹田スタジアム。サッカー専用だけあってかなりの迫力。

さて試合。前半は一進一退の攻防で0-0で後半に。後半4分期待の新外国人チアゴアウベスのゴールでエスパルスが先制するもそのちょっと後に追いつかれる。その後も攻めようとするも点を奪えず1-1の引き分けに。もちろん勝てれば一番よかったのだが、アウェイで強敵ガンバ相手の勝ち点1は悪くはない結果か。
試合後サポーター仲間と串カツを食べに行く。その後電車の中に忘れ物をしたことに気が付いて忘れ物を取りに行った後、天王寺のゲストハウスに。

旅行最終日の6日は京セラドームにオリックスVS北海道日本ハムの試合を見に行く。試合は初回に中島のタイムリーで先制するも、先発コークがピリッとせず5回3失点で降板。その後も失点して打線もその後は小谷野のタイムリーのみで2-5で負けてしまう。キャッチャー若月のリードがどうも単調な気がした。伊藤にももう少しマスクをかぶる機会を与えてほしいとか思ったり。

負け試合にもやもやとしたものを抱えつつも新幹線で東京に戻る。何だかんだで5日間色々回れて充実した旅行だった。次の旅行はいつになるものか。日本国内ももっといろいろ旅行してみたいけど、海外(ヨーロッパとか中南米とか)も行ってみたい。来年のGWはどうしようか。