47都道府県の思い出シリーズその9 山口県

47都道府県シリーズ、今回は山口県。
山口県に行ったのは2回。いずれも大学生の時で、2000年と2001年。

1回目の時は大学3年の夏休みで九州に行く途中に通った時。
この時は本当は東京からフェリーで小倉まで行くはずだったのだが乗り遅れてしまい、慌てて18切符を使って鈍行を乗り継いで九州に向かったのだった(この話は岡山編でも書いてたね)。
ムーンライトながら(今は臨時列車になってしまった・・・)で大垣まで行き、そこから網干行きの電車に乗り換えて姫路まで行ってそこで降りて軽く食事。その後姫路城まで行こうと思ったが電車を遅らせるのを避けるために泣く泣く断念。
その後岡山、広島で降りて少しだけゆっくりした以外はほぼ電車に乗り通し。下関に着いた頃は午後9時過ぎになっていて、ここで夜を明かすことにする。
居酒屋で夕食を食べ(何を食べたかは覚えていない。フグは食べていないはず、っていうかそんな高いもの大学生にはそうそう手が出るものではない)、宿は予約もしていないしどの宿がいいかわからないので、自転車旅行以来の野宿を決行。確か歩道橋近くの公園で、電車に乗り疲れていたこともあって割とすんなり眠りにつけた記憶がある。

2回目は2001年で、同じく大学3年の春休み。
この時は山陰地方を18切符で回る旅をしていて、京都〜城崎温泉〜鳥取〜松江〜出雲〜津和野と来て、萩を観光。
さすが歴史の街だけあって、萩の観光はとても楽しかったのを覚えている。松下村塾(なぜかここの写真が見つからず)をはじめ、円政寺、木戸孝允旧宅など明治維新の偉人ゆかりの地を探訪。萩市のコミュニティバス(松陰先生、晋作くんと名前がついていた)に乗っていろいろ回って大満足。この日は結局萩市のユースホステルに宿泊した。

円政寺。高杉晋作、伊藤博文の幼少期の勉学の地。

木戸孝允旧宅にして生誕地

しかし次の日、下関を経由して広島方面に向かうのだが、その途中岩国あたりにいる時に地震に巻き込まれる。当然電車も止まってしまって先に行けなくなって、そのうち代行バスが出てそれに乗って広島方面に向かった。確かその日は予約していた宿をキャンセルしてどこかの駅の中で夜を過ごしたような記憶がある。

というわけで、山口県は大学生の時しか行ってないけどなかなか濃い旅をしていたなと我ながら思う。
次行く時は錦帯橋とかまだ行っていないところに行ったり、フグを食べたりしたい。後、萩もまた行きたい。

次回の47都道府県シリーズ10回目は長野県の予定。父親の実家があった場所であり、亡くなった場所でもある県。

47都道府県の思い出シリーズその8 富山県

11日ほど間が空いてしまったけど、47都道府県思い出シリーズ、今回は富山県。
・・・・・・なのだが、写真が見つからないorz
富山県に行ったのは今までで3回あります。

1回目は1998年、大学1年の冬に北陸3県を旅行した時。確か金沢まで夜行バスで行って1日目はそこから能登半島に行って、能登ユースホステルに宿泊。
2日目は電車で金沢に戻って金沢を観光してから電車で富山まで行って、着いたのが夜7時くらい。そこからバスでユースホステルに向かってそこで夕食付きで1泊。前日の能登でも食べてるけど、寒ブリの刺身が美味しかったのを覚えている。後は自分以外にもう1人宿泊客がいて、その人と少し雑談とかしたような記憶がある。
次の日朝富山駅付近を散策して、その時にいくつか写真撮ったはずだけどアルバムには石川県と福井県の写真はあったけど富山県で撮ったのは見つからず。
その後は福井に向かって観光し、金沢に戻って夜行バスで東京に戻ったはず。

2回目は新潟編で書いたけど2006年のドライブの時で、金沢から新潟に向かう時に通っています。その時はお金を節約しつつ新潟まで急ぐということで高速と下道を行ったり来たりだった。その時に富山市あたりでコンビニに車を止めて、コンビニでお金おろしておにぎりとお茶を買って食べたような記憶がある。その時はドライブに集中していて、写真は撮っていなかったはず。

3回目は2014年。ゴールデンウィークに神戸〜大阪〜金沢〜五箇山〜白川郷〜名古屋〜静岡という超欲張り旅行で金沢からバスで白川郷に行く途中に富山県側の五箇山で降りて写真撮ったはずなんだけどこれまた見つからず。

3回行って、うち2回では写真撮った記憶があるのにいずれも見つからなかったのは残念。次回富山に行く機会があったら、その時は絶対写真撮ろう。行くとしたらチューリップ公園と立山黒部アルペンルートは行きたいな。後はホタルイカとか北陸の海の幸を味わいたい。


全く写真がないのもアレなんで、最近コンビニで買ったインスタントの富山ブラック風まぜそば。富山ブラック風だけあって味は濃かったが、まあまあ美味しかった。

47都道府県シリーズ、次回は山口県。よかった、今度はちゃんと写真ある(笑い)

47都道府県の思い出シリーズその7 岩手県

47都道府県の思い出シリーズ第7弾、今回は岩手県。

自分が今まで岩手県に行ったのは、通り過ぎただけのを除くとこれまでで1997年、2001年、2008年、2012年の4回。

1回目は高3の春休みで、1泊2日でJR東日本の周遊券を使って東北旅行をしたときです(福島編の時にも書いています)。その時は花巻のユースホステルに泊まったのだが、その時に新花巻駅から宿に向かう方向と逆方向に向かってしまったのだ!(自分の方向音痴はこの頃から)
3月の寒い頃で、20分ほど歩いて疲れ果てて近くの民家に道を訪ねに行った。そこでそこの家の人が宿の場所を調べてくれて、そこで逆方向だとわかり、車で宿まで送ってくれた。そこの人がいい人で本当に助かった。
その後宿にチェックインして、夕食を食べた後近くの温泉に行って旅の疲れを癒し、同じ宿に泊まっている人と旅のお話などをして過ごした。初めてのユースホステルだったけど、なかなか充実した旅だった。

2回目の岩手県は大学4年の時。その時は体育の集中授業で自転車の科目を取っていて、紫波町で合宿形式で5日間の集中講座だった(なぜ大学4年で体育の授業をとったかというと、単位がギリギリだったから)。
競技での自転車は、普通に道でこぐのとは違って、コースがすり鉢状になっていて、少し傾いている。それに慣れるのに最初は結構苦労したが、慣れるとなかなか楽しい。
また、競技場だけでなく、道を自転車で走って雫石の小岩井農場まで行ったこともあって、その時に食べたアイスクリームが美味しかった。
後、宿舎では地元の食材が使われていて、そこでホヤのサラダが出たこともあった。自分はホヤは好きだったが、結構ホヤを食べれない人が多くてその人たちからホヤをもらって食べたのもいい思い出。

3回目は2008年のゴールデンウィーク。レンタカーを借りて東北までドライブに行った時。この時は弘前城の桜を見に行って(この辺は青森編で)、その後1997年に泊まったのと同じユースホステルに泊まった。11年ぶりの花巻ユースホステル、懐かしかったのを覚えている。

4回目は2012年。ラオスから帰国して3週間後くらいで、翌週から就職も決まっていてその前に旅行にということで東北を電車で旅行した。その時世界遺産の平泉をレンタサイクルで回って、その後盛岡駅でじゃじゃ麺を食べた。その日は盛岡のカプセルホテルに泊まって、翌朝わんこそばを食べてから仙台に向かい、その後東京に戻った。
じゃじゃ麺もわんこそばも絶品だった。盛岡三大麺のうち、冷麺は盛岡では食べていないのでいつか食べて見たい。


じゃじゃ麺

47都道府県シリーズ、次回は富山県。