九州北部旅行その1

 

8月10日から16日までの1週間、九州北部(福岡、長崎、湯布院)に行ってきた。今回はその旅行記を2回に分けて書いてみる。

8月10日(土) 北谷〜那覇空港〜福岡空港〜博多

沖縄に引っ越して以前より近くなった九州。夏休み期間中なので往復で3万円近くかかってしまったが、閑散期なら1万円もかからないっぽい
九州に行ったのはこれまでで3回、今回が4回目。
1回目は19年前、学生時代に18きっぷで九州を全部回ったとき。そのときは色々欲張りすぎたので福岡はあまり回れなかった。
2回目は11年前に大分に行ったとき。このときはレンタカーを借りて大分空港から別府、高千穂と行って翌日エスパルスVSトリニータを見に行ったのだが、試合は逆転負けするし、そのあとレンタカー返したときに車に傷がついてて2万円取られるわ、散々な旅行だった。
3回目は6年前、屋久島に行ったときに鹿児島経由で行っている。そのときは屋久島がメインで鹿児島は少ししか回れなかったけど、それでも鹿児島のグルメを堪能した記憶がある。

19時15分に出発して21時に到着する便なので、初日は着いて博多駅近くで本場の豚骨ラーメンを食べて、すぐゲストハウスにチェックイン。
博多ラーメンは大体麺の固さでやわ→普通→固め→バリカタ→ハリガネ→粉落としとなる。普段博多風ラーメンを食べるときは固めで食べることが多いが、せっかくだしそれより1段固いバリカタにして見た。
さすがになかなか美味しい。とはいえ、その前にちょっと食べた高菜が辛くて最初のうちは味があまりわからなかったのだが。

8月11日(日) 博多〜能古島〜博多
午前中は博多駅近くの喫茶店でコーヒーを飲みながらどんな風に観光するかガイドブック片手に色々考える。
午後は能古島に行ってみる。能古島へは博多から地下鉄で姪浜までいき、そこからちょっと歩いてフェリー乗り場まで行き、そこからフェリーに乗って行く。

能古島に着いたら、バスでのこのしまアイランドパークまで行く。

のこのしまアイランドパークはこんな感じでたくさんの花や自然を見ることができてなかなか楽しめたが、いかんせん入場料(1200円)が高い(>_<)

一通り見たら博多に戻る。

夕食は博多名物、もつ鍋。ある意味今回の旅行のメインと言えるかも(笑)まさに絶品の味だった。

8月12日(月) 博多〜長崎

この日は午前中は特急で博多から長崎まで移動。長崎に着いたらコインロッカーに荷物を預けて昼食に皿うどんを食べる。

皿うどん

その後、路面電車で軍艦島(正式には端島)行きのフェリー乗り場まで行って軍艦島ツアー。
一度は行きたいと思っていた軍艦島。

この日は台風の影響で波が強く、残念ながら上陸はできなかったが、それでも軍艦島の景色を見ることができて満足。ただ、船酔いがきつくて吐きそうになった。
その後は高島石炭資料館に行って高島、端島と石炭の歴史を学ぶ。

高島石炭資料館の前にある岩崎弥太郎の銅像。

フェリー乗り場に戻ったらそこから路面電車で長崎駅に戻ってコインロッカーの荷物を回収して、長崎駅の次の駅の浦上駅へ。駅近くの食堂で夕食を食べてゲストハウスにチェックイン。

続きは次回。