47都道府県の思い出シリーズその25 佐賀県

都道府県の思い出シリーズ、今回は佐賀県。
佐賀県はこれまでに立ち寄ったのは1回だけ。
大学3年の時の18きっぷによる九州旅行で、博多に着いた後、長崎本線で吉野ヶ里に向かった。途中サガン鳥栖のホームスタジアムが電車から見えた。駅のすぐ近くにホームスタジアムがあるのが少し羨ましいと思ったり(エスパのホームスタジアム、アイスタ日本平は駅からかなり遠い・・・)。
吉野ヶ里について、しばし吉野ヶ里遺跡を見学。2000年前の日本人はこういう生活をしていたのかと、しばし感動に浸った。
佐賀県で観光らしい観光をした唯一の場所だけど、歴史の授業でも習った遺跡を見ることができて、有意義な体験だった。
吉野ヶ里遺跡。家族連れが結構いたような記憶がある。

後は、佐賀県はいちごの生産が盛んということでいちごのアイスを食べたような記憶がある。
吉野ヶ里遺跡の観光を終わった後は再び長崎本線に乗って長崎に向かう。ちなみに21年前なので、当時は九州新幹線はまだなかった(18きっぷなので、あっても乗れなかったけど)。

それから19年後の九州北部旅行の時は博多から新幹線で長崎まで行ったので、残念ながら佐賀県は通り過ぎただけになってしまった。
次佐賀県を訪れる機会があれば、行ってみたいのは虹の松原あたりかな。唐津くんちも、タイミングが合えば。

次回26回目は佐賀と発音の似ている滋賀県。写真あるかなあ・・・?(汗)

47都道府県の思い出シリーズその24 宮城県

コロナで旅行にも行けず、ネタに困って初めて見た47都道府県の思い出シリーズもいつの間にか折り返し地点の24回目、今回は宮城県。

人生で宮城県に行ったのは、計5回。1997年、2002年、2008年、2009年、2012年。ということで、その5回について簡単に書いて行こうと思ったけど、ほとんどこれまでの東北の記事(福島岩手山形)と多かれ少なかれ重なりそう(汗)なので宮城県でのネタを思い出しつつ書いていこうかと。

1回目の1997年は春休みにJR東日本周遊券を使って東北旅行をしたとき(他3県の記事にもあり)で、宮城県では仙台城跡に行った。伊達政宗の銅像に感動していた記憶がある(写真撮ったはずだが、その時の東北旅行の写真は見つからず)。やはり伊達政宗は宮城県の英雄なんだなあと思った(小並感)。

2回目は2002年9月の自転車旅行。折り畳み自転車で新幹線に乗って、仙台へ。仙台のユースホステルに泊まった翌日はまず、自転車を仙台駅駐輪場に置いて電車で松島へ。松島を見て松尾芭蕉が「松島や ああ松島や 松島や」と詠うのもわかるなあと妙に感動してたっけ。
松島の後は仙台スタジアム(現ユアテックスタジアム仙台)にベガルタ仙台VS清水エスパルスを観戦。スタジアムはサッカー専用で見やすいスタジアムだったが、試合は1対3でエスパが敗れ、不甲斐ない戦い振りに憤慨しながら牛タンをやけ食いしたっけ。
その後は国道4号を自転車に乗って南下。そっから先は福島編へ。

3回目は2008年のゴールデンウィーク(岩手編にも記載あり)。メインは青森(弘前城の桜)だったので、青森編で書きます。レンタカー借りてドライブして、サービスエリアで牛タン串を食べた後高速代をケチるために仙台あたりで少し高速を降りて下道を走った記憶。後は帰り道で1997年にも行った仙台城跡に行った。仙台城跡が余程気に入った模様。

4回目はその翌年、2009年の9月(山形編も参照)。この時は山形から電車で仙台に行き、ホテル(どこか忘れた)に泊まって翌日Kスタ宮城(現楽天生命パーク宮城)へ。お目当てはもちろん楽天VSオリックス。しかしこの試合も投手陣が打ち込まれて大敗。試合後はずんだ餅をやけ食い。って、宮城県で見たスポーツの試合、どちらも贔屓チームの負けかorz 一度は宮城県で贔屓チームが勝つのを見たい(切実)。

Kスタ宮城の写真。今回手持ちにあった唯一の写真

最後の5回目はラオスから帰ってきて転職が決まって仕事が始まる直前の2012年10月(これも岩手編と重なる)。この時も青森と岩手がメインで、宮城は最終日に回ったのみ。この時は仙台市科学館を見学した後仙台駅近くで食事してお土産買って、高速バスで帰宅。もっと色々回りたかったけど、再就職前で時間的にも金銭的にも微妙だったから若干駆け足になった記憶がある。

宮城編はこんな感じ。次行くとしたら、牛タン以外のグルメ(フカヒレとか)も楽しむのと、仙台の七夕も見てみたいなあ。後は、宮城県も東日本大震災の被災地なので復興がどれくらい進んでいるのかもきになる。もうすぐ10年か。。。

次回25回目は、佐賀県。