2019タイ・ラオス旅行その3

前回の更新から日が空いてしまったが、タイ、ラオス旅行記その3。ここからラオス。

1/23 ビエンチャン
朝8時頃ウドーンターニーのホテルをチェックアウトして、軽く食事してから(何食べたかは忘れた)バス停に行く。
ビエンチャン行きのチケットを買って、出発までのんびりと待つ。バスチケットの値段は、確か80バーツ(280円くらい)だったと思う。

バス停のベンチ。


タイには珍しい(?)飲み物の自動販売機。

バスが来て、いざラオスへ。道中はのどかな田園風景だったが、途中からうつらうつらと寝てしまい、あまり写真は撮れず。
そして国境まできて、出入国手続き。イミグレーションカードに必要事項を書いて、列に並んでパスポートを見せて写真を撮る。流れは空港でのものとそんなに変わらないので、だいぶ慣れてきた気がする。

そして、メコン川。

メコン川を渡ると、ラオス。ビエンチャンに着き、懐かしい風景を楽しんでいるとバス停に到着。以前の場所から少し移動したので、最初は戸惑う。
少し歩いて、ゲストハウスにチェックイン。若干狭く感じた。次にビエンチャンに行くときは多少お金がかかってもゲストハウスでなく普通のホテルに泊まろうと思った。

そして荷物を置いて、ラオスに着いて最初にやることはもちろん決まっています(笑)。

カオピアック(ラオス風うどん)とビアラオ。カオピアックの味付けが若干欧米人向けになっているのは気のせいか。
カオピアックを食べてビアラオを飲んだ後は、かつての配属先ラオス国立大学工学部に行って学科長やかつての同僚に挨拶して行く。

ラオス国立大工学部入り口

その後はメコン川沿いを散歩したりマッサージをしたりカフェでのんびりしたり、隊員時代とほとんど変わらない過ごし方。とはいえ、前回行った時から3年近くの月日が経ってお店のラインナップもだいぶ変わった感じがする。また、車も以前よりは多くなっている。
夕食はラオス関連のイベントでお会いしたラオスに関するお仕事をしている方とラオス料理屋に行く。

1/24 ビエンチャン
この日も午前中はのんびり。途中カイルーク(孵化しかけのアヒルの卵。人によっては苦手な人もいると思うので、自己責任でリンク先にアクセスしてください)が売っているのを見て、1つ購入する。売っていた人は流石に自分がかつてラオスに2年間住んでいたとは夢にも思うわけがなく、「これ孵化しかけの卵だけど大丈夫か?」と英語で聞かれた。
見た目さえ気にならなければ味はあっさりしたチキンスープと固茹で卵なので、普通に美味しい。
昼食を軽く済ませて、タラートサオからパトゥーサイまでのyoutubeに撮るための動画を撮影。

その後、工学部のかつての同僚と軽くお茶をして、JICAラオス事務所に寄って行く。自分の隊員当時は事務所の次長で(自分もかなりお世話になった方です)、現在所長をされている方に新しい事務所を案内していただく。
夕食は所長と現在ラオスに住んでいる元隊員の方3人を交えて中華料理屋に行く。この中華料理屋は自分の隊員当時から歓迎会や送別会などで何度か利用したお店だ。

翌日からはルアンパバーン。それに着いては次回書きます。

2019タイ・ラオス旅行その2

前回の投稿から少し日が空いてしまったけど、タイ・ラオス旅行記その2。
1/20 バンコク続き

この日はバックパッカーの聖地ことカオサン通りに行ったので、前からやって見たかったYoutubeにアップロードするために、ちょっとばかり動画を撮影。こんな感じです。

・・・・・・・・orz
そもそも動画の撮影自体ほとんど経験がなかったのと、使ったのがスマホのカメラということもあって、ショボい作りになってしまったけど、これも一つのいい経験かと。
カオサン通り自体は独特の雰囲気があって、なかなか面白かった。

動画を撮影してYoutubeにアップし、一通りカオサン通りを歩いてからタクシーでゲストハウスに戻る。

1/21 バンコク

この日もバンコク。
この日はゲストハウスをチェックアウトし、マッサージ(もちろん健全なやつです)に行ったり、セントラルワールドプラザの伊勢丹にある紀伊国屋書店に行ったりして、のんびり過ごす。
夕食で食べたカオソーイ(チェンマイ名物の麺料理で、揚げた麺にカレーソースをかけたもの。ルアンパバーンのものとは同じ名前だが別物)が結構美味しかったのだが、写真を撮るのを忘れ後悔。
午後8時発の電車でウドーンターニーに行くため、フアランポーン駅に行く。そこでタイ人の知人の方が電車のチケットを買ってくれていたので合流し、チケットを受け取り電車に乗る。
電車の中ではガイドブックを見たりラオスについてからの旅行の計画を考えたりしつつ、しばらくすると爆睡モードに。

1/22 ウドーンターニー

タイ東北部の中心都市、ウドーンターニー。ラオスにいた時以来およそ8年ぶり。
バンコクに比べるとこじんまりとしていて(とはいえ、ラオスから行った時はかなり都会に感じたものだった)、空気もその分バンコクよりきれいだった。
とりあえず予約していたゲストハウスに行くが、なんと、やっていない!
仕方ないので、隣にあるホテルを予約してチェックインする。

その後、知人の方に車でウドーンターニー中心部から50キロほど離れたところにあるカムチャノッド寺院というところに連れて行ってもらう。なかなか素敵なお寺だった。ありがとうございました!

その後ウドーンターニー付近を色々まわって、夕食は中心部近くのショッピングセンターでカオマンガイ(チキンライス)を食べる。その後はホテルでのんびり。

2019タイ・ラオス旅行その1

記事を書くのがだいぶ遅くなってしまったけど、1月19日から28日までタイとラオスに行ってきました。

1/19 成田〜バンコク
今回は往復ともにエアアジアを使ったのと、オフシーズンということで、航空機の運賃は3万4千円程度で済んだ。ただ、荷物は別料金なので結果として往復で5万円近くになってしまったが。
LCCなのでゲームなどはないけど、それ以外ではそこまでの不便さは感じなかった。後、機内食はお金を払って食べる。
7時間くらい飛行機に乗って、現地時間午後2時ちょっと過ぎにバンコクに着く。およそ3年ぶりのタイ。ちなみに、空港はスワンナプームではなくドンムアン空港。スワンナプームと比べるとこじんまりとした感じだが、これはこれで悪くはないなと。
空港からエアポートバスでチャトゥチャック公園駅まで行き、地下鉄でサムヤーン駅まで移動。降りてからとりあえずカフェでちょっとゆっくりしてからゲストハウスに向かう。
ゲストハウスにチェックインして少しのんびりしてから夕食に向かう。夕食はタイスキ。なかなか美味しかったが、写真を撮るのを忘れたorz
その日は疲れていたこともあって、夕食後にゲストハウスに戻ってシャワーを浴びてすぐ寝る。

1/20 バンコク
朝起きて、朝食はゲストハウスの隣のカフェで。パン、卵焼き、ベーコンにコーヒーで100バーツ(270円くらい)ほど。食べてからサムヤーン駅に向かい、地下鉄でスクムウィット駅(アソーク駅と連結)に行く。とりあえず髪を切りたかったので床屋に行って髪を切る。確か300バーツくらいだったと思う。



昼食はシャコが入ったカオパッド(チャーハン)。なかなか珍しい。
午後はとりあえずバンコク中心部をフラフラする。


バンコク中心部は写真のように車が多く、報道とかでも話題になっているように、ここ最近空気が悪くなっていてマスクをしている人を多く見た。この辺りはどうにか改善してほしいと思う。


スクムヴィットは日本人が多く住んでいて、写真のように日本語の看板もちらほらあって面白い。
続きは明日書く予定。

帰国前の旅行(タイ、ラオス、ベトナム、シンガポール)

今更な話だけど、せっかくだし記事にしておくか。
3月27日にフィリピンを出てから4月6日に帰国するまでは寄り道して東南アジア各国を旅行してました。
3月27日~29日 タイ(バンコク)
本当はTOEIC受ける予定だったのが受ける曜日に制限があるらしいことがわかって受けられないので、紀伊國屋書店に行ったり湯の森でお風呂につかったりタイ料理を食べたり、とのんびり過ごすことに。
バンコクで1日か2日過ごすのはこれまでで何度もあったけど、賑やかながらもそれでいて東南アジア的なのんびりしたところがあって、なかなか味のある街だ。

bangkok
3月29日~31日 ラオス(ビエンチャン)
バンコクの後はビエンチャン。この時以来のビエンチャン、いつ来ても落ち着く場所だ。着いた日は宿にチェックインした後でカオピアックを食べて、それからレンタサイクルでビエンチャンを色々と回る。たくさん自転車を漕いで疲れたけど、心地よい疲れだ。
着いた翌日は協力隊時代の先輩隊員がやっているお店に寄ってからかつての配属先ラオス国立大工学部に行く。かつての同僚たちや後後任の方(後任の後任)に会って色々とお話する。
大学を出てちょっとゆっくりしてからメコン川沿いのレストランで後後任の方と前回のラオス旅行の時も一緒に行動した同僚の3人で食事する。その時に次の日から行くラオス南部の情報もいろいろと聞く。

vte1

vte2

3月31日~4月4日 ラオス南部(パクセー、タートロの滝、シーパンドン)

taatlo

siipandon
4月4日~5日 ベトナム(ホーチミン)

hochimin
4月5日 シンガポール *トランジット

singapol

2014年末-2015年始ラオス旅行後編

2015年1月1日(木)(続き) ルアンパバーン~パークベン(スローボート)

ラオス旅行3部作、感動の(?)最終回。

市街地から30分位トゥクに乗って船着場に着き、乗客が揃ったらスローボートに乗る。
やはり乗客は欧米人が多い。
船の中は思っていたよりは快適。朝は寒かったが、昼頃になるとちょうどいい天気になる。
s-IMG_0101 s-IMG_0108

しかし、ずっと同じような景色が続いて、途中で飽きてしまう。
ビール飲んでるか寝てるかスマホでオセロやってるかして時間を潰し、午後5時半頃パークベンに着く。欧米人(イギリス人?)の男の人に「よく寝てたね」と言われる(笑)。
そしてパークベンに着いたのだが、スーツケースを持って坂を登るのがきつい。そしたらスローボートの乗組員と思われるラオス人がゲストハウスまで運んでくれるという。運んでもらって「コプチャーイ(ありがとう)」というと、50000キープを請求される。日本円にして650円位か。なかなかバカにならない金額。先に言えと。
s-IMG_0109
パークベンの街並み。スローボートの中間地ということでゲストハウスが多い。

ゲストハウスでチェックインした後ラオス料理屋でピンパー(焼き魚)を食べる。なかなか美味い。その後もう少し色々歩いてみようとも思ったが、疲れやら寒さやら辺りが暗くなってきたやらでゲストハウスに戻ることにする。
ゲストハウスに戻った後は例によってのんびりと過ごす。
続きを読む “2014年末-2015年始ラオス旅行後編”

2014年末-2015年始ラオス旅行前編

今更ながら明けましておめでとうございます。
で、待望のラオス旅行、行ってきました!というわけで、3回に分けて旅行記を書いていこうと思います。
まずは前編。
12月26日(金) 久我山~吉祥寺~成田~仁川~バンコク
朝起きて吉祥寺まで井の頭線で行き、そっからバスで成田へ。
成田で軽く食事をして両替を済ませ、いざ飛行機へ。ちなみに両替で円安を痛感した(1000円≒8000ウォン≒320バーツ)。
そして仁川空港に着く。仁川で少しゆっくりしてからバンコク行きの飛行機を乗り継ぐ。
なお、ここまでは大韓航空だったが、仁川バンコク間の飛行機で、注目のナッツが出てくる。まあ袋に入って出てきたけど、もちろん誰も文句を行ったり怒ったりする人はいない(当たり前だ!
バンコクに着いたらタクシーでクルンテープ駅近くのホテルに移動して泊まる。空港からホテルまで500バーツ。

s-IMG_0378 クルンテープ駅
続きを読む “2014年末-2015年始ラオス旅行前編”