47都道府県の思い出シリーズその31 鹿児島県

今回は更新しようと思ったらSSL(サイトの証明書)が有効期限切れになってて、慌ててさくらインターネットに再取得の申し込みをしたので数日間アクセスできない状態になっていた・・・(大汗)アクセスの少ないブログとはいえ、この間に見にきて下さった方には申し訳なかったですm(__)m

というわけで前回の青森から一気に南に行って、31回目の今回は鹿児島県。
自分が鹿児島県に行ったのは計3回。1回目と2回目が2000年8月で、3回目 が2013年の4〜5月。
1回目と2回目で「えっ!?」ってなるかもしれないけど、18きっぷとフェリーでの九州1人旅から3日経ってサークルの夏合宿という今思うと我ながらよくやったよなというハードな日程だった。
九州1人旅の方は他のところでも書いてるけど、初日に今はなきムーンライトながらも活用して東京から一気に下関まで行って、その後福岡佐賀→長崎→大分→宮崎→鹿児島→熊本の順番だから、結構後半だな。
この日は熊本で友人と会う約束をしていたこともあり、西鹿児島駅(現鹿児島中央駅)で降りて駅周辺を歩いたり食事したくらいで観光らしい観光はしなかった。

西鹿児島駅(当時)駅前広場の「若き薩摩の群像」

2回目の鹿児島県は、与論島。旅行サークルの仲間とフェリーに乗って与論島に行き、そこで5日間くらい過ごした。ビーチ(与論島の海はめっちゃ綺麗だった!)で遊んだり夜通しお酒を飲んで語り合ったりと、大学生だなあという感じの過ごし方でなかなか楽しかった。学生時代のいい思い出の1つ。

与論島のビーチ。ちなみに着ているのはサークルのサッカー好き何人かで草サッカーをやるために作ったユニフォーム。

3回目は1、2回目から13年後の2013年のゴールデンウィーク。
鹿児島まで飛行機で行き、そこからフェリーで屋久島に向かう。その時はのお目当てはもちろん縄文杉。縄文杉まで歩くのはなかなかしんどかったが、縄文杉はさすがという風格だった。当時のスマホが壊れたため、残念ながら縄文杉の写真は見つからず。
帰りに鹿児島市でも1泊し、焼酎やきびなごなどの鹿児島グルメを堪能したり、天文館を少し歩いたり維新ふるさと館を見学したりと多少の鹿児島観光もできた。

フェリーで屋久島に着いた時の写真。

というわけで、鹿児島県に行ったのは3回だけど、うち2回は離島。まだまだ鹿児島も十分に回れたとは言えないので桜島や霧島温泉、離島では種子島や奄美大島も行ってみたい。
後、鹿児島は妻が中学高校時代過ごした場所でもあるので、いつか一緒に行きたいな。

次回は石川県。

47都道府県の思い出シリーズその30 青森県

47都道府県の思い出シリーズもついに30回目到達。全体の3分の2近く終わったわけか。これが終わるころ(いつになるやら?)にはコロナも終息しているかな。。。
今回は青森県。人生で青森県に行った回数は3回。

1回目は1998年2月。大学卒業前にさっぽろ雪まつりに行く時、夜行バスで東京から八戸まで行ってそこから電車で札幌まで向かったので、少しだけ八戸に滞在した(とは言ってもバスを降りてから朝食を食べて電車に乗るまでだから1時間くらいだけど)。八戸に着いた時の雪景色が印象的だったのを覚えている。写真も撮ったはずなのだが、残念ながら見つからず。

2回目は2008年5月。宮城編岩手編でも触れていたけど、ゴールデンウィークの時に弘前城の桜をみに行くためにレンタカーで東北自動車道をドライブしたことがあった。
肝心の桜と弘前城だけど、道路がものすごく混んでいた上に雨も降っていたので、弘前城の中まで入るのは断念して、近くの駐車できるところに停めて、そこから写真を1枚撮った。

弘前城の桜・・・だけど、当時のガラケーで撮ったので画質もあまり良くない。。。

3回目は2012年10月。協力隊でラオスから帰ってきて、仕事も決まって働き始める直前にちょっくら国内旅行ということで東北を旅行した。
東京から新幹線で新青森まで行き、着いた時には夜だったので駅の近くの居酒屋(?)でホタテ丼とか青森グルメを堪能して、近くの宿泊できるスーパー銭湯で夜を過ごした。青森に宿泊したのはこの時だけか。
次の日は新青森駅近くのスーパー銭湯からJR青森駅まで歩いて行った。青森駅の食堂でりんごカレーを食べて、美味しかったのを覚えている。
この後世界遺産の白神山地に行こうと思って弘前まで行って、そこからバスに乗ろうとしたけど間に合わず、断念。結局そこから2日目の目的地の岩手方面に方向転換する。

ちなみに、高校3年の春休みの東北旅行では、東北6県のうち青森だけ立ち寄れなかった。当時は新幹線が青森まで通っていなくて、青森まで行ったら2日で東京に戻るのは無理だろうなと思って青森を旅行コースから外したのだった。

後、2017-18年年末年始に新幹線で青森県を通り過ぎて新函館北斗まで行ったのがあったけど、これは通り過ぎただけで駅にも降りていないので除外。

グルメや温泉、世界遺産(上記の白神山地に加えて北海道・北東北の縄文遺跡群も今年加わった)など見どころはたくさんあるんだけど、まだ青森の魅力を堪能しきれていないなあっと。
個人的に次青森県に行くとしたら行ってみたい場所リスト
・白神山地
・青森ねぶた祭
・大間(本マグロ!)
・恐山
・酸ヶ湯温泉

でも、どれもコロナが終わらないといけないんだよなあ。コロナのバカバカバカ!!

というわけで次回の47都道府県シリーズは鹿児島県。

47都道府県の思い出シリーズその29 熊本県

2ヶ月ほど前回の投稿から空いてしまったけど、47都道府県の思い出シリーズ今回は熊本県。

熊本県に行ったのは大学3年夏休み(2000年)の九州旅行の時のみ。この時九州7県全部回って、他の6県はその後1度は立ち寄っているけど、熊本だけはそれ以来一度も足を踏み入れてないからまたいつか行きたいな。

九州旅行では福岡→佐賀→長崎→大分→宮崎→鹿児島と来て、最後に熊本に寄るという順番だった。
熊本には小、中学校時代の友人が住んでいたので、その友人に案内してもらった。
熊本城を観光してから居酒屋で馬刺しとか熊本名物の食べ物を食べて、夜は友人宅に泊めてもらった。
翌朝友人宅を出て熊本市中心部(駅から少し離れたところの方が栄えている)を少し歩いてから電車で福岡に向かった。
この時泊めてもらった友人にはそれ以来会っていないけど、元気にしているんだろうか、Y君。

熊本といえば2016年に地震があって、その時に熊本城も被害を受けたけど復旧は進んでいるみたいなのでいつかまた行って復活した熊本城を見てみたい。震災の後、イベントで熊本への募金を集めていて、自分も少し募金したなあ。
後、熊本市以外は回れていないので、熊本県に行く機会があれば阿蘇国立公園や天草キリシタン館なんかも行ってみたい。


熊本城の写真を2つほど。

47都道府県シリーズ、次回30回目は青森県。

47都道府県の思い出シリーズその28 和歌山県

今回も前回の更新から間が空いてしまったけど、47都道府県の思い出シリーズ28回目の今回は和歌山県。自分が47都道府県制覇で最後に到達した都道府県。
自分が和歌山県に行ったのは大学卒業直前の2002年3月と2017年5月の計2回。

1度目の時はもうすぐ大学卒業だし、そういえば47都道府県で和歌山だけ行ってなかったなと思って卒業直前の休み中に行くことにした。
三重編でも少し書いたけど、18切符で初日は紀勢本線を乗り継いで三重と和歌山の県境を越えて終点新宮駅に着いた時、「やったー、これで全都道府県制覇だ!!」と一人で心の中ではしゃいでいたのを覚えている(笑)その日は確か新宮駅近くにあったユースホステルに泊まったはずだったと思う。
次の日は朝早く宿をチェックアウトして紀勢本線(きのくに線)を乗り継いで、昼頃(午後2時過ぎか)に和歌山駅に着く。そこで和歌山ラーメンを食べた。まあまあ美味しかったような記憶がある。
その後は和歌山本線と南海高野線で極楽橋駅まで行き、そこからケーブルカーで高野山へ。着いた時は午後8時近くだった気がする。そこから電話で送迎を呼んで高野山ユースホステルへ。そこで精進料理を食べた記憶がある。
3日目はユースホステルを出て、高野山を少し観光してから行きと逆のルートを辿り、橋本駅からなら方面に向かい、和歌山県を後にする。

JR和歌山駅

高野山南院・浪切不動堂

2回目の和歌山県はそれから15年経った2017年のゴールデンウィーク。この時のことはこちに詳しく書いているので詳細は割愛。

那智勝浦

めはり寿司とサンマ寿司

そう考えると、和歌山は2回しか行っていない割には色々行っていて、写真もそこそこ手元にあるのが不思議な感じ。
まだ行っていないところだとアドベンチャーワールド、南紀白浜温泉あたりかな。

次回は熊本県。西日本が続くなあ。

47都道府県の思い出シリーズその27 広島県

47都道府県の思い出シリーズ、今回は広島県。
とりあえず、いつも通り(?)これまでに広島に行った年月を簡単にまとめて見る。
1. 2000年8月 東京から下関まで18切符で行く途中(九州旅行の前)
2. 2001年3月 山陰旅行の帰り
3. 2004年3月 大学院の卒業旅行、原爆ドーム・宮島・サンフレッチェ戦観戦など
4. 2005年12月 サンフレッチェ戦観戦

・・・こうしてみると、まともに観光できたのは3回目の2004年だけだな(汗)しかも、最後に行った時から15年以上も空いてるのか。コロナ明け(いつになるやら)に旅行で行けたら行けたいところだが。

1回目と2回目は広島駅で降りて駅周辺を少し歩いて食事(何食べたかは例によって忘れた・・)したくらいなので、今回は特に触れないでおく。
そうすると、ネタのほとんどは3回目の話かな。

2004年の3月、修論を出し終えてホッとしたのと就職先が未定で4月から就職浪人という焦りの中、とりあえずリフレッシュしようと18切符を使って旅行に行くことにした。
1日目は神戸に泊まって、2日目の朝神戸から普通電車を乗り継いで尾道へ。時間の都合で特に目立った史跡とかは行かなかったけど、尾道の街を少し散策した。坂が結構多くて歩くのに疲れたが、歴史を感じる街並みだった印象。尾道ラーメンも食べたけど、若干味が薄かったかな。別のお店に行ってれば違った印象だったのかもしれないけど。
その後広島に向かってこの試合を観戦。結果は引き分け。試合の後は駅近くでお好み焼きを食べた後、ユースホステルに向かって宿泊。
3日目は午前中は原爆ドームなど広島市内を観光し、その後宮島に向かい、観光する。宮島は鹿と戯れたりしてなかなか楽しかった。この日は2つの世界遺産(1つは負の世界遺産だけど)を見学したわけか。
その後はどうやって帰ったかは正確には覚えてないけど、18切符だったし、おそらく普通電車を乗り継いで帰ったはず。

4回目は2005年。前日静岡からエスパルスサポ仲間の車に乗って、広島まで向かってこの試合を観戦。結果は1−3の敗戦。2004-2005はエスパルスの第1次暗黒時代といってもいい残留争いの苦しい時期だった。今は第1次より長く続く第2次暗黒時代か。この記事を書いている今日も横浜FCと引き分け。いつになったら暗黒を脱出できるのか(-_-)
試合の後はサポーター仲間とお好み焼きを食べに行き、牡蠣の入ったお好み焼きを食べた記憶がある。

今回もWikipediaの記事からクリエイティブ・コモンズに沿って写真を拝借。写真を投稿した方に感謝。


Photo by Chica様
尾道市の街並み。歴史を感じさせる雰囲気がある。


Photo by Oilstreet様
原爆ドーム。核兵器、ダメ、ゼッタイ。
原爆投下を命令したトルーマンは許せないけど、ここまでどう見ても負けが分かっている戦争を止めなかった当時の日本政府、および陸軍にも怒りを感じる。今も昔もどうして日本政府は国民の命を守ろうとしないのか。


Photo by Alex Tora様
宮島の厳島神社。なんともいえない荘厳な風景。

広島でまだ行ってないところというと、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島がまず思い浮かぶか。カープとの交流戦の時に行って見たいな。出来れば天敵鈴木誠也がメジャーに行ってからがいいかな(笑)後は江田島の旧海軍兵学校とかも面白そう。

さーて、次回の47都道府県シリーズは、和歌山県で。自分が47都道府県制覇で最後に到達した場所でもある。

47都道府県の思い出シリーズその26 滋賀県

2週間ほど更新が滞っていたけど、第26回目の47都道府県の思い出シリーズ、今回は滋賀県。

滋賀県は大阪や京都に行くときに通るので足を踏み入れる機会はそれなりにあるのだが、逆に観光とかちゃんと旅行はほとんどしていないなあ・・・orz
電車で通過したとかでなく、最初に足を踏み入れたのは自転車旅行の時かな。この時野宿したのが鈴鹿峠あたりなのは確かだけど、三重県側と滋賀県側のどっちだったかまでは覚えていない。
ただ、この時は滋賀県に入ってから、後は疲れた足で自転車を走らせながら京都一直線という感じだったので、観光らしい観光は残念ながらしていない。とはいえ、京都が近づくにつれてテンションが上がっていったのは覚えている。
それ以外はほとんど乗り換えとか高速バスで道の駅で買い物したりとかであまり長時間滞在したことはないなあ。でも、確かいつだったか忘れたけど、電車の乗り継ぎでミスって米原で終電を迎えてしまって米原駅近くで野宿したことがあった気がする。そんなことするのは間違いなく20代の頃で、野球かサッカー見に行った時だろうなあ。

高速バスで思い出したけど、高速バスを使って関西方面から東京に戻る時、よく買うのが鮒寿司。結構高いけど、日本酒とよく合って好きな味なんだよなあ。個人的には日本酒に合うつまみトップ5には入ると思う(他は酒盗、ウニ、あん肝、たこわさあたりか)。

まだほとんど観光できていないとはいえ、観光名所は彦根城、延暦寺とか色々あるので、何処かのタイミングでじっくり回って見たい。

後、写真が見つからなくてどうにも寂しいので、自分が見た覚えがある景色に近い写真をWikipediaの記事からクリエイティブ・コモンズに従って使用させていただくことにした。写真を撮ってWikipediaに提供された方、ありがとうございます。
Photo By Puchu-masashi様
栗東水口道路。国道1号の滋賀県の中盤あたりかな。

Photo By Si-take様
瀬田川洗堰。琵琶湖からの水の流れを堰き止めるダムで、国道1号と瀬田川を横切るところにある。ここまでくれば京都はもうすぐ。

Photo By Kida Yasuo様
ご存知鮒寿司。万人受けする味ではないかもしれないけど、お酒と一緒に食べるととても美味。

47都道府県の思い出、次回は広島県。サッカー観戦とか宮島とか、思い出はあるけど写真、あるかなあ?(汗)

47都道府県の思い出シリーズその25 佐賀県

都道府県の思い出シリーズ、今回は佐賀県。
佐賀県はこれまでに立ち寄ったのは1回だけ。
大学3年の時の18きっぷによる九州旅行で、博多に着いた後、長崎本線で吉野ヶ里に向かった。途中サガン鳥栖のホームスタジアムが電車から見えた。駅のすぐ近くにホームスタジアムがあるのが少し羨ましいと思ったり(エスパのホームスタジアム、アイスタ日本平は駅からかなり遠い・・・)。
吉野ヶ里について、しばし吉野ヶ里遺跡を見学。2000年前の日本人はこういう生活をしていたのかと、しばし感動に浸った。
佐賀県で観光らしい観光をした唯一の場所だけど、歴史の授業でも習った遺跡を見ることができて、有意義な体験だった。
吉野ヶ里遺跡。家族連れが結構いたような記憶がある。

後は、佐賀県はいちごの生産が盛んということでいちごのアイスを食べたような記憶がある。
吉野ヶ里遺跡の観光を終わった後は再び長崎本線に乗って長崎に向かう。ちなみに21年前なので、当時は九州新幹線はまだなかった(18きっぷなので、あっても乗れなかったけど)。

それから19年後の九州北部旅行の時は博多から新幹線で長崎まで行ったので、残念ながら佐賀県は通り過ぎただけになってしまった。
次佐賀県を訪れる機会があれば、行ってみたいのは虹の松原あたりかな。唐津くんちも、タイミングが合えば。

次回26回目は佐賀と発音の似ている滋賀県。写真あるかなあ・・・?(汗)

47都道府県の思い出シリーズその24 宮城県

コロナで旅行にも行けず、ネタに困って初めて見た47都道府県の思い出シリーズもいつの間にか折り返し地点の24回目、今回は宮城県。

人生で宮城県に行ったのは、計5回。1997年、2002年、2008年、2009年、2012年。ということで、その5回について簡単に書いて行こうと思ったけど、ほとんどこれまでの東北の記事(福島岩手山形)と多かれ少なかれ重なりそう(汗)なので宮城県でのネタを思い出しつつ書いていこうかと。

1回目の1997年は春休みにJR東日本周遊券を使って東北旅行をしたとき(他3県の記事にもあり)で、宮城県では仙台城跡に行った。伊達政宗の銅像に感動していた記憶がある(写真撮ったはずだが、その時の東北旅行の写真は見つからず)。やはり伊達政宗は宮城県の英雄なんだなあと思った(小並感)。

2回目は2002年9月の自転車旅行。折り畳み自転車で新幹線に乗って、仙台へ。仙台のユースホステルに泊まった翌日はまず、自転車を仙台駅駐輪場に置いて電車で松島へ。松島を見て松尾芭蕉が「松島や ああ松島や 松島や」と詠うのもわかるなあと妙に感動してたっけ。
松島の後は仙台スタジアム(現ユアテックスタジアム仙台)にベガルタ仙台VS清水エスパルスを観戦。スタジアムはサッカー専用で見やすいスタジアムだったが、試合は1対3でエスパが敗れ、不甲斐ない戦い振りに憤慨しながら牛タンをやけ食いしたっけ。
その後は国道4号を自転車に乗って南下。そっから先は福島編へ。

3回目は2008年のゴールデンウィーク(岩手編にも記載あり)。メインは青森(弘前城の桜)だったので、青森編で書きます。レンタカー借りてドライブして、サービスエリアで牛タン串を食べた後高速代をケチるために仙台あたりで少し高速を降りて下道を走った記憶。後は帰り道で1997年にも行った仙台城跡に行った。仙台城跡が余程気に入った模様。

4回目はその翌年、2009年の9月(山形編も参照)。この時は山形から電車で仙台に行き、ホテル(どこか忘れた)に泊まって翌日Kスタ宮城(現楽天生命パーク宮城)へ。お目当てはもちろん楽天VSオリックス。しかしこの試合も投手陣が打ち込まれて大敗。試合後はずんだ餅をやけ食い。って、宮城県で見たスポーツの試合、どちらも贔屓チームの負けかorz 一度は宮城県で贔屓チームが勝つのを見たい(切実)。

Kスタ宮城の写真。今回手持ちにあった唯一の写真

最後の5回目はラオスから帰ってきて転職が決まって仕事が始まる直前の2012年10月(これも岩手編と重なる)。この時も青森と岩手がメインで、宮城は最終日に回ったのみ。この時は仙台市科学館を見学した後仙台駅近くで食事してお土産買って、高速バスで帰宅。もっと色々回りたかったけど、再就職前で時間的にも金銭的にも微妙だったから若干駆け足になった記憶がある。

宮城編はこんな感じ。次行くとしたら、牛タン以外のグルメ(フカヒレとか)も楽しむのと、仙台の七夕も見てみたいなあ。後は、宮城県も東日本大震災の被災地なので復興がどれくらい進んでいるのかもきになる。もうすぐ10年か。。。

次回25回目は、佐賀県。

47都道府県の思い出シリーズその23 鳥取県

47都道府県の思い出シリーズ23回目の今回は、鳥取県。

鳥取県は人生で行ったのは1回のみ。大学3年の春休みの山陰旅行。この時の旅行については、山口編で触れています(島根編はまだ)。
旅行で鳥取へは2日目に兵庫県の城崎温泉近くの宿から山陰本線で鳥取駅へ。鳥取駅からバスに乗って鳥取砂丘に行き、1〜2時間くらい砂丘を満喫。その時は3000円でラクダに乗れたので、ラクダに乗ったりもした。ただ、残念ながら鳥取砂丘の写真が見当たらないorz
その後鳥取駅に戻って食事したはずだけど、何食べたかは覚えていない。
その後は米子駅でも降りて駅付近を歩いたはずだけど、写真がないこともあってあまり覚えていなかったり。その日は宿泊地は島根県出雲のユースホステルだったので、鳥取の滞在はここまで(かなりあっさりした滞在記録になってしまった)。

その後もう1度鳥取に行くチャンスはあったんだけど、その時は大学院生で金銭的にきつかったので断念したことがあった。
2003年のサッカー天皇杯エスパルスVS湘南ベルマーレの試合が鳥取であって、ギリギリまで高速バスで行くか迷っていたが結局あきらめてテレビでの観戦だった。テレビで見て、雪が降っていて途中からボールが色付きのに変わったのが印象的だった(鳥取市営サッカー場のWikipediaにそのことが触れてあった)。確か試合は2−1で勝ったんだっけ。

後、鳥取関連では2014年に1度だけふるさと納税をしたことがあった。納税先は琴浦町というところで、松葉ガニと和牛をゲット!和牛の写真は見つからなかったけど、松葉ガニの写真はあった。

松葉ガニ。実家に持って行って、カニ鍋にしたらとても美味しかった。

山陰地方は20年前の学生時代に行ったきりなので、また行って見たい。次鳥取行くとしたら、水木しげる記念館あたり行って見たいな。

47都道府県の思い出シリーズ次回は折り返し地点の24回目か。次回は宮城県にします。

47都道府県の思い出シリーズその22 福井県

47都道府県の思い出シリーズ、今回は福井県。
福井県に行ったのは今までで1回だけ。石川編富山編でも書いた大学1年の冬の北陸旅行。

旅行最終日に富山を出て、そこから北陸本線(今は新幹線が出来たこととの兼ね合いで金沢より東がIRいしかわ鉄道とあいのかわ富山鉄道線に移管されたらしい)で福井まで行って、そこで昼食(何食べたか覚えていないが、福井じゃなくても食べられるものだったはず。当時はどこの県で何が美味しいかとかの知識が少なかった)を食べて福井城とか駅近くを少し歩いた。確か少し寒かった記憶がある(12月の北陸だから寒いのは当たり前だが)。

その後は勝山永平寺線(当時は京福電気鉄道だったが、今はえちぜん鉄道になったらしい。鉄道事情も学生時代と今はだいぶ変わったものだ)に乗って永平寺まで行って永平寺を見学した。
永平寺に行こうと思ったのは、高校の時の確か国語の授業で永平寺の話題が出てきて、それが頭に残っていたという単純なものだったが、実際見学してみるとなかなか立派なお寺で、結構感動した記憶がある。


福井城


永平寺

行ったのが1回だけなので、内容的には薄くなってしまったが、考えてみたら47都道府県で最後に行った時から一番長く時間が経っている県だな。
福井:1998年12月
愛媛、高知:1999年11月
熊本:2000年8月
鳥取、島根、山口:2001年3月
奈良:2002年3月
広島:2005年12月

22年も行っていないとはいえ、また行ってみたい県の1つでもあるし、恐竜博物館とか芦原温泉とか見所はあるので次回行った時はもっと楽しめそうな気がする。食べ物も越前ガニとか鯖とか海産物が美味しいイメージなので、次回行った時はぜひ食べたい。後、へしこ(鯖のぬか漬け)、好きなんだよなあ。塩辛いけど日本酒を飲みながら食べるとめっちゃ美味しい。

福井編はこの辺りで、次回23回目は鳥取県。ここも学生時代を最後に行っていないところだなあ。

2021/2/15追記
2014年のGWに京都から金沢までのサンダーバードに乗ったので、その時に福井県を通り過ぎていることに気がつく。とはいえ、その時は福井県では電車を降りなかったので、通り過ぎただけだが。
通り過ぎるだけでも行ったことになるとすると、人生で一番遠ざかっているのは高知県か愛媛県か(高知からの帰りのバスで愛媛を通ったかわからないので)。