47都道府県の思い出その6 茨城県

47都道府県の思い出シリーズ、今回は茨城県。

茨城県に初めて行ったのは大学1年の春休み。その時は自転車で1日かけて水戸まで行って、次の日偕楽園を見てから確かつくば付近でもう1泊して2泊3日の自転車旅行だった。
人生初めての泊りがけの自転車旅行ということで、最初はドキドキだったけど自転車から見える風景が楽しかった思い出がある。帰りはしんどかったけど。
偕楽園で見た梅の花も綺麗だった。お土産で買った梅のゼリーもなかなか美味しかった記憶がある。そういえば茨城で納豆を食べたことはあまりない気がする。

それ以外で茨城に行くのは、やはりサッカー観戦、それもカシマスタジアムが多いか。もちろんエスパルスVSアントラーズ。
多分初めて行ったのが2003年か2004年くらいだった気がする。その後も多分7〜8回くらい行ったのかな。スタジアムへの行き方は電車だったり東京駅からのバスだったりサポーター仲間で車で行ったり。
アントラーズの応援は敵ながら迫力あるなあと感じる。一部ネットスラングで「鹿島国」とか言ったりすることもあるけど(アントラーズサポーター、鹿島市民の方ごめんなさい)、それもアントラーズの敵としての存在感の大きさによるところもあるか。後、スタジアムではモツ煮を食べることが多い。なかなか美味。
以前は勝ったり負けたりだけど、最近はチーム力の差が開いて負けることが多くなっているのが残念。本当そろそろ強いエスパルスが見たい。
エスパルスと関係ない試合で水戸ホーリーホックVSモンテディオ山形の試合を見に行ったこともあったな。確かJ1が代表で中断していた時(2002年くらいだっけ?)で、何となくサッカーの試合を見たくなって行った時だったかと。今とはまた違うのかもしれないけど、観客数はそんなに多くなかったけど殺伐感がなくてなかなか雰囲気が良かった記憶がある。たまには応援しているチーム以外の試合を見るのもいいなと感じた(なお、エスパがJ2にいた時は用事があって行けなかった模様)。

それ以外で行ったのは、2年前にJICAのイベントでラオスのOV会メンバーでJICA筑波に行ったことがあったな。その時は現役のラオス隊員も配属先の人たちと来て演劇を披露していたのを覚えている。

偕楽園・梅の花
偕楽園

水戸駅の黄門様、助さん角さんの銅像

カシマスタジアム

47都道府県シリーズ、次回は岩手県。

47都道府県の思い出その5 岡山県

47都道府県の思い出シリーズ第5弾は岡山県。

岡山県は通り道として通ることは何度かあっても、実のところこれまであまりまとまって観光できてないんですよねえ・・・愛媛、秋田と並んでほとんど観光できていない県の1つです。
初めて足を踏み入れたのは大学3年の時に九州旅行に行った時、初日がムーンライトながらで大垣まで行って、そこから何本も電車を乗り継いで下関まで行く時に途中岡山で降りて昼食を取った時。電車の乗り継ぎのためにゆっくりできず、滞在時間は30〜40分くらいだった記憶が。
2回目はこの時の前日に岡山のネットカフェに泊まった時。夕食も岡山駅近くで食べたけど、何食べたかは覚えていない。
3回目はその翌年のこの試合をサポーター仲間と車で乗り合いで見に行った時。試合後に近くのスーパー銭湯に行ってから静岡まで戻った記憶がある。
4回目は実は去年。転職活動をしていた過程で地域おこし協力隊に興味を持って、兵庫県佐用町に説明を聞きに行った帰りに岡山を経由して帰った(結局応募しなかったけど)。
日帰りなので例によってゆっくり出来ていないが、岡山駅近くでのお店で夕食を食べたときの岡山名物ままかりは美味しかったな。

岡山県は後楽園(東京ドームの隣の遊園地とは別物)や津山城とか、見所は結構あるので何処かのタイミングでゆっくり観光して見たい。


岡山駅。桃太郎の像が目立つ。

ままかりと黄ニラのおひたし

次回は茨城県。これもサッカー観戦が主要な話題になりそうだが、それ以外でも自転車旅行とかそれなりにはネタはあったと思う。

47都道府県の思い出シリーズその4 新潟県

47都道府県の思い出シリーズ、今回は新潟県。

新潟県に初めて行ったのは10歳の時、家族旅行で佐渡島に行った時です。その時、海で溺れそうになったんだったなあ(汗)

それ以降で新潟県に行ったのは、サッカー観戦とスキー旅行のみですね。
サッカー観戦ではもちろんエスパルスVSアルビレックスだが、自分が行ったのは200620072009の3回。どんな試合だったかを今や放置状態と化しているmixiに久しぶりにログインしてその時の記憶をたどって見た。
2006の時はレンタカー借りて家族で父親の実家のある長野まで行って、そこで両親を下ろしてから金沢まで行って、次の日金沢から新潟まで300キロくらい運転して試合開始直前に着いて、試合は散々なものだったorz
2007は電車で行って試合は前年のリベンジで勝利、その後回転寿司で満足して安いホテルに泊まって、次の日電車で草津温泉に寄ってから帰った。
2009はレンタカーで、試合は勝ったけどその後駐車場で車探すのに1時間近くかかったらしい。
リーグ戦以外では、2004年のオールスターを見に行ったことがあった。その時、自分と同学年ということで特に応援していた鶴見選手がゴールを決めて大喜びしていたこともあった。
現在はアルビレックスがJ2でエスパルスと別カテゴリーだけど、FC琉球とは同じカテゴリーなので、いつかFC琉球を応援にビッグスワンに行くこともあるかな?

ビッグスワン
ビッグスワン。陸上競技場だけど、独特の雰囲気があってなかなかいいスタジアムだと思う。

スキー場の方は苗場スキー場とガーラ湯沢スキー場に何度か行ってるけど、あまり上達せず。去年の年末も行ってますね。
自分の場合はスキーは本格的にというよりは運動しながら冬の季節感とスキー場の雰囲気を味わって、その後に温泉につかってからお酒を飲むというのが楽しみだからまあOK。

苗場スキー場
苗場スキー場。前にブログに貼った写真だけど、まあいいか。

次回予定は岡山県。何度か行ったことはあるけど、あまりじっくり観光はできてないんだよなあ・・・

47都道府県の思い出シリーズその3 愛知県

47都道府県の思い出シリーズその3、今回は愛知県。

愛知県は何回か行ってるけど、初めて愛知県に足を踏み入れたのは以前書いた自転車旅行の時。厳密にいえば、中3の時の修学旅行で京都に行っているので、その途中に通過してはいるけど。通過しただけなら大阪とか行く時に毎回通り過ぎるので、これは基本置いておこう。
それ以降で愛知県に行くのはほとんどエスパルスVSグランパス戦か。覚えているのはこの試合この試合この試合かな。瑞穂競技場2回と豊田スタジアム1回か。豊田スタジアムの急傾斜の見やすいスタジアムの迫力に感動した反面、駅から遠くて歩くのがきつかった記憶がある。
中日との交流戦はまだ1回も行ってないな。中日ホームの交流戦が平日だったり休日でも用事がある時だったりでなかなか行けてないけど、名古屋ドームも一度は行って見たいな。

後はスポーツ観戦と無関係なのでは、2016年に協力隊の同期で集まって名古屋でバーベキューやったことがあったな。やっぱり協力隊の仲間の集まりは楽しくていいね。


自転車旅行の記事を書いた時と同じ写真だけど、名古屋駅。

マウンテン・メロンスパゲティ
写真はマウンテンのメロンスパゲティ。2016年の協力隊仲間の集まりの翌日に1人で食べに行った。味は、流石に甘かったけどどうにか完食(=登頂)できた。
食べ物関係では、後は世界の山ちゃん。手元に写真がなく、いつだったかは覚えてないけど、グランパス戦の後に食べに行って手羽先の美味しさに感動した記憶がある。

47都道府県シリーズ次回の予定は新潟県。これもサッカー観戦が中心になりそう。

47都道府県の思い出その2 香川県

47都道府県の思い出シリーズ第2弾は、香川県。
自分が香川県に行ったのは、人生で2回。1回目は1999年で、大学2年の時。2回目は2005年。

1回目の時は本来なら大学祭の時期だったのだが、自分がいた頃は学祭の実行委員会と大学当局がもめていた時期で、なんと自分の在学中学園祭は1度も開かれず(涙)とはいえ、理工学部(当時)では独自の理工展というものがあって授業はなかったのだけど、展示が中心でお祭りとしては正直あまり楽しめるものではなかった。なので、その時期に四国に旅行に行ってみることにした。

東京から夜行バスで松山まで行って、そこから電車で高松へ。高松は大学を卒業して高松で働いていた先輩がいたので、その先輩に泊めてもらった。その時に本場のうどんもごちそうになったが、さすがに本場だけあって美味しかった。
次の日は香川県を代表する庭園、栗林公園(りつりんこうえん)を観光してから電車で徳島に。


高松駅。21年前です。


栗林公園。

2回目の2005年はサッカー観戦で。天皇杯準々決勝のジュビロ磐田戦。この時は前日岡山のネットカフェに泊まって、次の日の朝電車で岡山から丸亀まで行ってそこからバスでスタジアムへ。
15年前なので詳しい試合内容はあまり覚えていないが、一進一退の試合で最後にマルキーニョスが決めて勝ったという試合だった。どんな試合でもジュビロに勝つのはやはり最高に気持ちがいい!!
試合の後は観戦仲間と電車で大阪まで行って徹夜で祝勝会カラオケをして、その次の日の朝新幹線で帰った記憶が。

次回第3弾は、愛知県の予定。

47都道府県の思い出その1 福島県

コロナでゴールデンウィーク旅行行けなかったし、ブログのネタがどうにも思いつかないとはいえ、せっかくレンタルサーバー料金払ってサーバー借りてるんだから、更新頻度を上げようということで、自分の数少ない自慢である「全47都道府県に一度は行ったことがある」のを利用して、47都道府県別の思い出をちょっとずつ書いていこうかと。

記念すべき(?)第1回は、福島県。
福島県に行ったのは人生で1997、2002、2007、2010、2013、2016の計6回。他に宮城や岩手に行くときに何回か通過したことがあるくらいか。
言うまでもなく、2010は協力隊の派遣前訓練で二本松訓練所で65日間過ごしたときで、20132016も二本松訓練所。二本松訓練所、懐かしいなあ・・・
2013は協力隊帰国者向けの福島応援ツアーで、そのときに二本松訓練所も少し寄ってます。2016は訓練所の同期が二本松訓練所で働いていて、同期何人かで訓練所を訪れたというもの。派遣前訓練の時に登れなかった安達太良山にも登ってます。

協力隊とは無関係の3回は、まず1997年はJR東日本の新幹線を含めた電車2日間乗り放題という20000円くらいの切符で高3の春休みに東北旅行したもので、福島駅で降りて駅周辺を歩いたけど、その頃はどの辺が観光地かよくわからなかったので、あまり観光らしい観光はできておらず。
2回目の2002年は仙台にサッカー観戦に行ったついでに仙台から東京まで自転車で帰ったことがあって、その時に会津若松に泊まっています。
3回目の2007年は日帰りで、エスパルスの観戦仲間が福島のJヴィレッジで女子サッカーのカップ戦の試合を見に行ったのに同行させてもらった時に日帰りで行った時があります。


最初3回の写真は現在手元にないのでアップできないですが、もしかしたら実家にあるかなあ・・・・・・?見つかったらどっかのタイミングでこっそりアップするかも。

後、福島というとやはり気になるのが被災地の現在の様子。最近はコロナもあって、節目の時くらいしかあまり報道されなくなっているが、それでもまだ避難生活が続いている人がいると聞くと、復興はまだ終わっていないんだなあと。日本人として、被災地のことは常に忘れないようにして行く必要があるんだと痛感する。

安達太良山の紅葉

二本松訓練所

二本松城

次回の47都道府県の思い出シリーズその2は、香川県の予定です。乞うご期待!

21年前の思い出・東海道自転車旅行

世の中コロナコロナで気が滅入るので、今から21年前、大学2年生の時の夏休みに東京から京都まで行った時の思い出を振り返って見る。
その時は5日かけて東京から京都まで自転車で行って、その後1日京都に自転車を置いて京都近辺をゆっくりして、その後自転車を袋に入れて新幹線で東京まで帰るという旅行だった。もちろんその頃はスマホもGoogleマップもないので、コンビニで休憩するついでに地図を確認したりしていたものだった。
東京から京都まで約500キロを5日間だから1日100キロくらい。簡単に行程を振り返って見る。

1日目 8月15日(日) 吉祥寺〜横浜〜平塚〜小田原〜箱根
初日はまだ体力的に余裕もあって、自転車での道を楽しみながら国道1号を進んでいく。
とはいえ、箱根の山登りがめっちゃきつかったのを覚えている。宿泊は箱根のユースホステルで。

写真は上が平塚八幡宮、小田原城。ちなみに写真はインスタントカメラで撮ったものをスマホで撮ったもの。スマホカメラというものがない21年前の写真を21年の月日を経てスマホで撮影。

2日目 8月16日(月) 箱根〜沼津〜静岡〜小夜の中山

上は箱根・芦ノ湖の写真。下は神奈川県と静岡県の県境。

2日目は箱根を少し観光してから出発する。神奈川と静岡の県境を越えると、そこからは下り坂。事故に気をつけつつ、下り坂の爽快感を楽しむ。
その後は静岡県を三島〜沼津〜富士〜清水〜静岡と進んで、藤枝から少し行ったところの小夜の中山というところのユースホステルに泊まる。

清水市(当時は静岡市と合併前)で撮った写真。この年のエスパルスは強かったなあ(遠い目)

写真上は江戸より十八里と書かれた史跡。東海道なので、こういうのが結構ある。
写真下は21年前の自分。若いなあ(苦笑)

3日目 8月17日(月) 小夜の中山〜浜松〜豊橋〜名古屋

この辺りから少しづつ足が痛くなってくる。
ユースホステルを出て、ひたすら西へ西へと進んで、昼頃に浜松へ。せっかく浜松に来たんだし、うな丼を食べていく。なかなか美味しい。
そして、静岡から愛知へ。途中いくつか史跡を見たりして、日が暮れた頃に名古屋に着く。
夜なので名古屋城には入れず、近くで名古屋城を見て、その後夕食を食べて銭湯に入り、近くの公園で野宿。


写真上 徳川信康公首塚。徳川信康とは、徳川家康の長男で、織田信長ににらまれて20歳の若さで切腹させられたカワイソスな人。
写真下は桶狭間合戦跡。

4日目 8月18日(火) 名古屋〜桑名〜四日市〜亀山〜鈴鹿峠
朝起きて公園で顔を洗ってから出発。この日も国道1号を西に進んでいき、三重県に入る。途中中学の社会で習った四日市工業地帯を通る。なかなかいい写真が撮れた記憶があるが、残念ながら見つからず。そこから更に進むと、箱根に次ぐ国道1号の難所、鈴鹿峠。
頑張って自転車を進め、三重と滋賀の県境あたりでこの日も野宿。


名古屋駅近くで撮った写真。

5日目 8月19日(水) 鈴鹿峠〜水口〜草津〜大津〜京都
朝起きて少し自転車を走らせると、途中でパンク(>_<)近くの人に最寄りの自転車屋を聞いて、2キロほど自転車を押して歩いて、自転車屋でパンクを直してもらう。
そこから仕切り直して、体力的にも限界に近づいていたが、滋賀県に入ると琵琶湖も見えて来たので、琵琶湖の景色を楽しみながら少しづつ京都に近づいていく。
そして、日が暮れて少しして感動の京都!!
この日は3日ぶりにユースホステルに宿泊。

次の日は足が限界だったので自転車には乗らずに徒歩と交通機関で京都近辺の観光を楽しんだ記憶が。そして帰りは自転車(折り畳み可能なので)を袋に入れて新幹線で東京まで行ってそこから東京〜吉祥寺間を自転車で運転して帰宅。

いや〜懐かしいなあ。社会人になるとこんな冒険はなかなかできないけど、どこかで1泊2日くらいの旅をするのも面白いかなと思ったり。

2020おきなわマラソン

2月16日日曜日に開催されたおきなわマラソンに参加したので、その時のブログを書いてみる。今回はフルマラソンで、フルで走るのは2018年6月(その時のブログ書いてなかったなあ・・・)以来、1年8ヶ月ぶり。

前日に沖縄市にある会場の沖縄県総合運動公園にいって、ゼッケンとTシャツを受け取る。会場はお祭り会場っぽい雰囲気で、食べ物屋もたくさんあった。
その後軽く食事してから会場近くのゲストハウスに宿泊する。
コロナウイルスが騒がれていた時期で、ツイッターとかでも中止にしたほうがいいんじゃないかという書き込みもちらほらあったが、大会は開催されるので日常からうがい手洗いなどを心がけてるようにしていた。

さて、当日。会場に着いたらものすごい人の多さ。若干不安になりつつも開始時間の9時を待って列に並ぶ。結局、開始してから入り口のゲートを抜けるまで9分ほどかかってしまった。

走るコースはこちらを参照。序盤戦は前に人が多いこともあり、なかなか前に進めない。とはいえ、調子自体はそんなに悪くはない感じ。ネットの記事で鼻で呼吸すると息切れしなくなるというのを見て、鼻での呼吸を心がけるようにしたら以前よりあまり息切れしなくなった気がする。


世界遺産の勝連城。10キロくらいのところ。

今回もボランティアの方々が途中で飲み物やフルーツなどを提供してくださった。人数が多いだけに争奪戦の様相を催してはいたが、水分を取らずに走ると危険なのでしっかりと水分補給を心がけるようにした。いつものことながら、こういう方達のおかげで気分良くマラソンができるので、本当に頭が下がる思いだ。沖縄らしいものとしては海ぶどうや牛汁などもあった。

さて、足の調子だが、いつもだと15キロを少し過ぎたあたりから膝やふくらはぎなどが痛くなってくるのだが、今回はふくらはぎなどはそんなに痛くはならない。しかし、右のかかとだけが激しく痛んできた。いろいろなところがまんべんなく痛むより、帰って走りにくくなってくる。


28キロぐらいから、嘉手納基地に入る。
嘉手納基地は思っていたより広さはあるが、米兵の人たちがフレンドリーに手を振ってくれる。

30キロくらいの時点ではかなりペースダウンしていたが、それでもどうにか完走はしたかったので気力を振り絞って少しづつ前に進んでいく。
そうすると、応援に来てくれていた彼女が「頑張ってー!」と声援を送ってくれたのに気がつく。自分も笑顔で手を振る。
これで元気が出て、少しはペースを取り戻す。


35キロ付近のイオンモール沖縄ライカム。ここまで来ればゴールが近づいてくる。
そして42.195キロ。スタートと同じ沖縄県運動公園に入り、今度は陸上トラックを走って感動のゴール!!記録は6時間2分12秒、ネットタイム(ゲートを通り抜けてからの時間)でも5時間53分15秒と、目標を下回ってしまう。敗因は序盤の人が多かったことによるスタートダッシュ失敗と途中の右かかとの痛みによるペースダウンか。この辺りの反省点は次回に生かしたい。
それでも、長丁場のフルマラソンを気持ちよく走れたことは良かった。次回はもう少しトレーニングをして参加したい。

前回のフルマラソンの時は走り終わってから最寄駅に着くまでが地獄だったが、今回は会場まで彼女が迎えに来て来れて北谷まで送って来れたので助かった。本当に彼女に感謝。

過去の旅行一覧

国内旅行
北海道
2017年12月〜2018年1月(函館〜長万部〜ニセコ〜小樽〜札幌〜夕張〜帯広〜釧路〜知床〜網走)
その1 その2 その3
東北
2012年10月(青森〜盛岡〜平泉〜仙台)
これから書く
関東
2015年2月(群馬・富岡製糸場)
その1(どこかで別記事にする予定)
2015年5月(日光)
その1(どこかで別記事にする予定)
関東+東海+近畿
1999年8月(東京〜箱根〜静岡〜名古屋〜四日市〜大津〜京都、自転車旅行)
かなり昔だけど気が向いたら書くかも
北陸+近畿
2014年4月〜5月
東海

近畿
2015年7月(兵庫・姫路城、城崎温泉、竹田城、ほもフィー)
その1
2016年7月(京都)
その1
2017年5月(伊勢神宮〜熊野古道〜大阪)
その1 その2 その3
中国地方
2001年3月(山陰)
気が向いたら

四国

九州
2013年4月〜5月(屋久島)
どこかで書く
2019年8月(福岡〜長崎〜大分〜福岡)
その1 その2
沖縄

2015年9月(那覇、首里城)
その1(どこかで書き直す予定)

海外旅行
東南アジア
2012年12月〜2013年1月(ソウル〜バンコク〜ビエンチャン〜パクセー〜ビエンチャン〜バンコク〜ソウル)
その1
2013年8月(クアラルンプール〜プノンペン〜シェムリアップ〜アンコールワット〜バンコク)
書けたら書く
2014年12月〜2015年1月(ソウル〜バンコク〜ノーンカーイ〜ビエンチャン〜ルアンパバーン〜パークベーン〜フアイサーイ〜チェンコーン〜チェンマイ〜ソウル)
その1 その2 その3
2016年3月〜4月(バンコク〜ビエンチャン〜パクセー〜シーパンドン〜パクセー〜ホーチミン〜シンガポール)
その1
2019年1月(バンコク〜ウドーンターニー〜ビエンチャン〜ルアンパバーン〜バンコク)
その1 その2 その3 その4

南米(一部北米)
2018年4月〜5月(ロサンゼルス〜リマ〜クスコ〜マチュピチュ)
その1 その2 その3 その4

2019-2020年末年始帰省

沖縄に来て初の年越し、年末年始の冬休みは12月28日(土)から1月5日(日)の9日間。28日は会社の人たちとゴルフをして、29日の11時35分の便で那覇から羽田に13時45分ごろ到着。7月頭に出張で2泊3日で東京に行っていたので、その時以来の東京。
そこから実家に・・・は向かわず、モノレールで浜松町まで行き、そこから山手線で上野に。そして新幹線で越後湯沢まで。わかっていたものの、やはり新幹線は混んでいる。
越後湯沢に着いてから駅のお土産売り場で適度に時間を潰してからバスで苗場スキー場近くのペンションの最寄りのバス停まで行く。それにしても、駅を出た途端一気に寒さが来た。数時間前まで沖縄にいた身には堪える寒さだ。
日が明けて30日。ペンションでスキー道具をレンタルして苗場スキー場に。2年ぶりのスキーということで若干滑れるかの不安もあり、初心者コースのみを滑った。それでも、やはりスキー場の雰囲気はそれだけでも楽しい。

苗場スキー場。

スキーが終わったら、やはり行くのは温泉。スキー道具をペンションに返却してから少し歩いて日帰り温泉に。一滑りした後の温泉は格別!

日帰り温泉雪ささの湯。

温泉の食堂で熊の角煮を売っていたので、食べてみた。あまりクセもなく、美味しかった。あえていうと、牛肉と豚肉を足して2で割った感じ。

スキーと温泉で満足してから、吉祥寺の実家に戻る。代わり映えのしない、懐かしい実家。

実家の猫(♀、6歳)。あまり懐いてくれない。もう1匹(♀、3歳)もいるのだが、こっちは布団に隠れて全然出てこない。

元日は、天皇杯決勝鹿島VS神戸を見に行く。エスパルスが準決勝で負けてしまったのでチケットを売ろうと思っていたのだが、せっかくの新国立競技場こけら落としなので、結局見に行くことにした。
神戸がエスパルスのエースストライカー、ドウグラスにオファーを出していてここで神戸が勝つとドウグラスが移籍する確率が高くなると思い、鹿島を応援したのだが、残念ながら2-0で神戸が勝利(しかもその10日後、ドウグラスの神戸移籍が決定😱)。イニエスタはやはり技術、判断のスピード共に頭1つ抜けていた印象。

新国立競技場。上の方は傾斜があってなかなか見やすい。

その後は明治神宮まで歩いて行き、参拝する。言うまでもなく、めっちゃたくさん人がいた。1つ興味深かったのが、明治神宮のおみくじは吉とか凶ではなく、明治天皇・昭憲皇太后の詠んだ和歌が記されていて、おみくじを結んだりするようなこともないと言うもの。

明治神宮

東京では他は弟夫婦が遊びに来たり、父親の墓参りに行ったり、叔父やいとこと食事に行ったり、地元の友人と飲んだり、荻窪のスーパー銭湯に行ったりといった時間を過ごしてリフレッシュ。
そして5日14時50分羽田発の便で沖縄に戻る。今年も頑張るぞ!


井の頭公園。帰り際に少しだけ寄って行った。