PHPフレームワーク Laravel入門

今のところ、書店でよく売られているLaravelについて書かれた本はそんなに多くなく(どちらかというとCakePHPの方がよく売っている印象)、かつ現時点では知っている限りでは一番新しい本ではないかと思う。
本の印象としては、Laravelの基本的なことがコンパクトにまとめられていて、全体的に読みやすいと思う。個人的にはLaravelのミドルウェアについて理解が浅かったころChapter4の「リクエスト・レスポンスを補完する」を読んで理解が深まった気がする。
欲を言えば、最後のChapter7がいろいろな内容(セッション、ページネーションなど)があっさりとすまされているので、その辺りをもう少し増強してほしかったという気もする。
ちなみに、この本はLaravel5.4(2018年7月30日時点最新は5.6)を前提に書かれているので、それ以外のバージョンを使う場合は日本語版Laravelドキュメントも参考にしつつ(英語が得意な方は公式サイトでいいかと)、手を動かしながら使っていくことでLaravelへの理解が深まるのではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です