ここ5年ほどのJavaを簡単に振り返ってみる

下の記事で転職先が決まって久しぶりにJavaを使うことになると書いたが、ここでここ5年ほどのJavaの動向を振り返ってみようと思う。

WikipediaのページJDK公式ページによると、大体こんな感じ。
2014年3月 Java8(ラムダ式、型アノテーション、Date and Time API 、JavaFX(Swingより高機能なGUIツール)など)
2017年9月 Java9(言語レベルでのモジュール化のサポートなど)
2018年3月 Java10(ローカル変数型推論など)
2018年9月 Java11(ネストベースのアクセスコントロールなど、OracleJDKの有償化!!
2019年3月 Java12(JVM定数のAPIなど)

こうして見ると、5年前のJava8で色々な機能が追加されたのが目につく。中でも、今更ながらラムダ式の導入はかなり大きかったのではないかと。
ラムダ式の例としては、こんな感じ。

これと同じことをラムダ式を使わずにやろうとすると、無名クラスを使ったり、結構ややこしいことになるんではと思う。
そういえば、C++も言語仕様が大きく追加されたC++11からラムダ式が使えるようになったんだったな。

他にも色々な機能が増えて、ここ数年で本当に進歩したんだなあ。とはいえ、いいことばかりではなくJava11からOracleJDKが有償化されてしまった(個人で使う分には大丈夫みたいですが)のは多くの人にとっては痛そうですね。。。OpenJDKの方は無償で使うことができるのですが、サポート期間が短かったりするので、悩みどころですね。

追記
Qiitaのコメント欄で情報をいただいたので、少しだけ追記します。
Amazon CorrettoというOpenJDK互換の無償のディストリビューションがあるようです。インストール方法などはこちらを参考にして見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です