SpringBoot入門その3 Spring Security

# Spring Securityによる認証・認可
次に、セキュリティを保持するためのフレームワークである「Spring Security」を使って、Userクラスのaccountとpasswordによるログイン機能を作ることを考えてみます。
1. pom.xmlの設定

org.springframework.boot
spring-boot-starter-security

2. application.propertiesの設定
今回はBASIC認証は使わないので、下記の設定でBASIC認証を無効にします(もちろん、有効にする場合はtrueにする)。
“`
security.basic.enabled=false
“`
3. Userのエンティティとリポジトリの作成
「Spring Data JPAによるデータベースへのアクセス」で説明したやり方で、ログインユーザーを定義するユーザーのエンティティとリポジトリを作成します。
4. SecurityConfigクラスの作成
詳細は後日記載しますが、org.springframework.security,config.annotation.web.configuration.EnableWebSecurityをインポートして@EnableWebSecurityをアノテーションにつけます。また、org.springframework.security,config.annotation.web.configuration.WebSecurityConfigurerAdapterをインポートしてWebSecurityConfigurerAdapterを拡張したSecurityConfigクラスを作成します。
こうして作成したSecurityConfigクラスにセキュリティ関連の設定を行なっていきます。ログインの永続化やCSRF対策の設定もここで行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です