Javaの文字列入門

ここのところあまり更新できていなかったので、久々の投稿、今回はJavaの文字列についての扱いを簡単にまとめて見ます。

Javaでは文字列は標準クラス(Javaの言語機構に標準で含まれているクラス)のStringを使います。

String str = new String("Hello world");

こんな感じです。
あるいは、下記のような書き方でも宣言できます。

String str = "Hello world";

ただし、newを使うやり方だと無駄なインスタンスを使うことになってしまうので、通常はString str = "Hello world";のようにします。

文字列の扱いは、文字列用に用意されたStringクラスのメソッドを使うことで便利になります。

// length 文字列の長さを取得
String str1 = "apple";
int strlen = str1.length(); // 5

// substring 文字列の部分文字列を取得
// 1番目の引数:始まりの位置(0から始まる)
// 2番目の引数:終わりの位置(省略すると最後まで)
String str2 = "orange";
String str3 = str2.substring(2, 4); // ang
String str4 = str2.substring(0, 3); // oran
String str5 = str2.substring(3); // nge

// indexOf 指定された文字列が最初に現れる位置を返す(0が起点)
// 存在しない場合は-1が返される
String str6 = "banana";
int index1 = str6.indexOf("nan"); // 2
int index2 = str6.indexOf("non"); // -1

他にも文字列を扱うメソッドはたくさんあるので、詳しくは公式ドキュメント(Java8)を見てください。

後、文字列の比較はequalsというメソッドを用います。

String str7 = "Tokyo";
String str8 = "Tokyo";
String str9 = "Osaka";
boolean check1 = str7.equals(str8); // true
boolean check2 = str7.equals(str9); // false

こんな感じです。イコール(=)で比較するとメモリ領域を比較することになるので、必ずしも期待した結果にならないので気をつけてください。

文字列の結合はプラス(+)を使います。

String str10 = "Super";
String str11 = "Star";
String str12 = str10 + str11; // "SuperStar"

こんな感じです。ただし、何回も繰り返すとパフォーマンスが悪くなるので、このような場合はStringBuilderクラスを使って以下のようにします。

StringBuilder builder = new StringBuilder();
List<String> data = getData(); // getDataは文字列のリストを取得するメソッドとします
int dataSize = data.size();
for (int i = 0; i < dataSize; i++) {
    builder.append(data.get(i));
}
return builder.toString();

こんな感じで、いくつか気をつけるところがあったりしますが、うまく文字列処理ができるようになりたいものです。
文字列処理は正規表現を使うともっと複雑なことができたりしますが、それについては別の機会に紹介します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です