2014年末-2015年始ラオス旅行中編

2014年12月29日(続き) ビエンチャン

こっから中編。
何もないタナレーン駅からソンテウでビエンチャン中心部へ。ちなみにソンテウの他の乗客の中に日本人がいた。中心部に向かっていくうちに見覚えのある風景が見えてきてラオスに来たんだなーと実感する。
で、中心部に着いておしゃれなカフェが増えていたり噴水広場のあたりが思いっきり様変わりしていたりで2年間という時の流れを感じた。
s-IMG_0055
中心部の噴水広場。2年前はなかった寿司屋とかいろんな店ができてた。

とりあえずゲストハウスに行ってチェックインし、荷物を置いて自転車を借りる。
その後協力隊のドミトリーに行って同じ時期にラオスに来ていたかつての隊員仲間に会ったり、カオピアック(ラオス風うどん)を食べたり、隊員時代によく行っていたカフェに行ったりと隊員時代のような時間を過ごす。
s-IMG_0056 カオピアック。s-IMG_0057 ビアラオ。

そして夜はとにかく食べたくて仕方なかったシンダート(ラオス風焼き肉)!!
s-IMG_0062
シンダート。出汁のスープと肉と野菜とチェオ(辛味つけダレ)のハーモニーがもう最高!!
セーブラーイ!!

大満足してゲストハウスに戻る。

12月30日(火) ビエンチャン

ビエンチャン2日目。この日はかつての配属先、ラオス国立大工学部に向かう。
s-IMG_0066工学部に向かう通り道
まずはかつて住んでいた家に行ってみる。そこで大家さんに会い、挨拶する。
s-IMG_0068こんなところに住んでました。

んでもってラオス国立大工学部へ。
s-IMG_0071工学部IT学科の建物入り口

そして、かつての同僚に会う。しかし、みんな喪服。聞くところによると、電子工学科の先生が亡くなったらしく、お葬式に行ってきた帰りとのこと。電子工学科とはたまにサッカーをしてその後飲み会をしていたことが会ったからもしかしたら話したことがあるかもしれない。合掌。
その後しばらくIT学科で特に仲が良かった先生としばらく一緒に行動する。
IT学科を後にしてからマッサージで旅の疲れを癒して、中心部に戻って夕食。
夕食はクアラーオという本格的なラオス料理屋。
s-IMG_0073ラオス料理いろいろ

夕食後少しカフェでネットをしてからゲストハウスへ。

12月31日(水) ビエンチャン~ルアンパバーン

もっとビエンチャンでゆっくりしたかったが、日程の都合上そうも言ってられないのでチェックアウトして空港に向かう。
そしてラオス北部の中心都市にして世界遺産の街ルアンパバーンへ。
ルアンパバーンの空港について空港が新しくなっていることに驚く。
着いたら例によってゲストハウスに向かってチェックアウトを済ませ、荷物を置く。中心部から少し離れたところを選んだことを後悔。
s-IMG_0081   ルアンパバーン、ナムカーン川沿い

チェックインして旅行代理店に行って翌日のボートの予約をしてから少し市内を歩いてから、前回(3年4ヶ月前)行った時に気になっていたサンティ・チェディという金色の大きな仏塔に行ってみる。ルアンパバーン中心部から約1キロ。
s-IMG_0083
サンティ・チェディ。残念ながら今回は中には入れず。
s-IMG_0086
サンティ・チェディから見たルアンパバーンの風景

サンティ・チェディを見終わったら市内中心部に戻って再び市内を歩いたりおみやげを買ったりする。
s-IMG_0090
売店の近くの木で小さなお猿さんがいたので撮ってみた。

夕食はラオス料理を食べて、トゥクトゥクでゲストハウスに向かおうとする・・・が、よりによってトゥクトゥクの運転手が道に迷ってしまったらしく思ったより時間がかかる。
ゲストハウスに着いてからナイトマーケットの近くの広場でカウントダウンをやっていたようなので行きたかったが、かなり疲れていたので断念して静かに年を越す。

2015年1月1日(木) ルアンパバーン~パークベン(スローボート)

朝少し早く起きて托鉢を見に行く。
s-IMG_0096ルアンパバーンの早朝の光景、托鉢

托鉢を見終わったら前日ボートの予約をした旅行代理店に行ってトゥクのピックアップを待つ。以前パークウー洞窟に行くためのボートの船着場は市の中心部の川沿いだったが、今回の船着場は少し離れたところにあった模様。それにしてもこの時期のルアンパバーンの朝は寒い!
s-IMG_0099船着場

続きは後編で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA