2014年末-2015年始ラオス旅行後編

2015年1月1日(木)(続き) ルアンパバーン~パークベン(スローボート)

ラオス旅行3部作、感動の(?)最終回。

市街地から30分位トゥクに乗って船着場に着き、乗客が揃ったらスローボートに乗る。
やはり乗客は欧米人が多い。
船の中は思っていたよりは快適。朝は寒かったが、昼頃になるとちょうどいい天気になる。
s-IMG_0101 s-IMG_0108

しかし、ずっと同じような景色が続いて、途中で飽きてしまう。
ビール飲んでるか寝てるかスマホでオセロやってるかして時間を潰し、午後5時半頃パークベンに着く。欧米人(イギリス人?)の男の人に「よく寝てたね」と言われる(笑)。
そしてパークベンに着いたのだが、スーツケースを持って坂を登るのがきつい。そしたらスローボートの乗組員と思われるラオス人がゲストハウスまで運んでくれるという。運んでもらって「コプチャーイ(ありがとう)」というと、50000キープを請求される。日本円にして650円位か。なかなかバカにならない金額。先に言えと。
s-IMG_0109
パークベンの街並み。スローボートの中間地ということでゲストハウスが多い。

ゲストハウスでチェックインした後ラオス料理屋でピンパー(焼き魚)を食べる。なかなか美味い。その後もう少し色々歩いてみようとも思ったが、疲れやら寒さやら辺りが暗くなってきたやらでゲストハウスに戻ることにする。
ゲストハウスに戻った後は例によってのんびりと過ごす。

2015年1月2日(金) パークベン~(スローボート)~フアイサーイ~(バス)~チェンコーン

ボートに出発が7時半なので早く起きてチェックアウトを済ませ、すぐ船着場に向かう。途中パンが売っていたので朝食用に買っていく。
s-IMG_0395
パークベンの船着場。

s-IMG_0398
基本的に前日と同じような感じだが、途中でちょくちょく人が住んでいるらしい村が見えてくる。どんな生活をしているんだろう?
s-IMG_0403
フアイサーイとチェンコーンを結ぶ第4友好橋。ちなみに第1がビエンチャン~ノーンカーイ、第2がサワンナケート~ムクダハーン、第3がタケーク~ナコーンパノム。

s-IMG_0406
5時ちょっと過ぎにフアイサーイに着く。着いてすぐイミグレ行きのトゥクにピックアップされる。

s-IMG_0408
フアイサーイの街並み。

s-IMG_0411
ラオス側のイミグレ。

s-IMG_0414
バスに乗ってラオスを出てタイのチェンコーンに入る。さらばラオス、また来る日まで。

s-IMG_0419
チェンコーン。

チェンコーンに着いたはいいが、泊まろうと思っていたゲストハウスが満員で、泊まれるところを探すのに少し時間がかかった。事前に予約しておけば良かった。
s-IMG_0423
川沿いの広場でコンサートをやっていたので音楽を聞きながら屋台で食事を買って食べる。

1月3日(土) チェンコーン~チェンラーイ~チェンマイ

朝起きてチェックアウト後すぐにバスターミナルに向かうが、チェンマイ行きのチケットは売り切れてて、とりあえず中間のチェンラーイに向かう。
それにしてもチェンマイの直行便が売り切れているのは誤算だった。ルアンパバーンでボートのチケットを購入するときにチェンマイ行きのバスも一緒に買えたのでその時に買っておくべきだった。

2時間近くバスに乗ってチェンラーイに着く。着いたらすぐにチェンマイ行きのチケットを買う。出発まで2時間以上あったのでマッサージやらカフェやらで時間をつぶす。
s-IMG_0429
チェンラーイのバスターミナル近く。

そして、バスに乗る。
s-IMG_0432
チェンマイ行きのバスの途中見えてきた仏像。

s-IMG_0433
同じくチェンマイ行きのバスの途中見えてきた謎の噴水。

チェンマイに着く。
s-IMG_0438
チェンマイのバスターミナル。

せっかくのチェンマイなのでゆっくりしたかったが、仁川行きの便まで時間がないので着いたら速攻タクシーで空港に向かう。
空港に着いて、飛行機に乗る前に空港のレストランでチェンマイ名物カオソーイを食べる。
s-IMG_0443
チェンマイのカオソーイ。なお、同じ名前でもルアンパバーンのカオソーイとは全く別物。

2015年1月4日(日) 仁川、ソウル~羽田~久我山

旅行最終日。
仁川国際空港に着いたらまずは地下のSPA ON AIRに行ってお風呂や仮眠室で長旅の疲れを癒やす。なかなか快適。
昼頃になったら電車でソウル市街地に向かう。昼食はハンバーガー屋でプルコギバーガーを食べる。
s-IMG_0444
ソウル駅近くの写真。

その後は適当に市内を歩いた後、せっかくだしということで世界遺産の宗廟に行ってみる。日本語のガイドさんもいた。ガイドさんに案内してもらい、昔の大韓帝国時代の韓国の歴史を学ぶ。
s-IMG_0451
宗廟

もう一つ昌徳宮という世界遺産もあったが、残念ながら開いている時間ないじゃなかったので入れず。
そんなこんなで適当な時間に空港に向かい、羽田に向かう。

飛行機が少し遅れたらしく、羽田に着いたのは午後11時半頃。空港を出たらバスで新宿に向かい、京王井の頭線は終電だったので新宿からは中央線で三鷹駅へ。三鷹駅からはタクシーで家に行って今回の長旅が終わる。

移動ばかりで結構疲れたけど、久しぶりにラオスにいけて本当に良かった。今度は来年のGWか夏休みあたりに南部を中心に回ろうかと。

2014年末-2015年始ラオス旅行後編” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です